読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この刹那の衝動

宛先のない刹那的情動をせきとめるもの

「3月31日」という衝動

今日でいわゆる年度末となりますね。

そして卒業の時期ですね。卒業するみんなおめでとう!!

 

いちごみるく色に染まりたい。メンバーのそらみちゃんねねNEが中学、高校を卒業となるということで、僕が思うことを勝手に書かせていただきます。

 

恐縮ですが自分のことから。

 

卒業と同時に感じた無力感

 

僕は、いわゆる進学校(自称)と呼ばれる高校に通っていました。

なんですけど、受験をやめたんです。

 

仕事をすることにしたんです。それも就職とかじゃない自分でする仕事。

個人で独立するみたいな。で別に言うほど独立してないですが、今は色々やってるみたいな感じでございます。

 

だからアイドルとか俳優とかモデルとか、そういうお仕事に結構近いんじゃないかな?境遇が、と思います。卒業したときに気づいたのが、無力感でした。

 

自分には何もないと気づいてしまった

 

自分って何もないんだなって気付いちゃったんです。はぁつら…みたいな。

今まで「高校生」という肩書きがあって、大人の人に会うときに

「今、〇〇に通ってる高校生の〜」みたいな自己紹介だったのが

 

え、肩書きなくね?みたいな。

 

え、結局自分ってなにもないんだ、みたいな。

 

僕が会社入ってれば「〇〇社の△△と申します」って言ってたんですが

それもないので…。

 

別に特筆すべきできることもあるわけじゃない、何か一芸にも長けてない、

ただ社会の現実を知らない僕は、なにも武器を持たず、戦場に立ってしまった。

 

あちこちから飛んでくる銃弾の数々、それを避けるので精一杯、自分の身さえ守れるかわからない、そんな現実を突きつけられ、僕は絶望感を感じました。

 

アイドルという複雑な職業

 

アイドルって今の社会らしいお仕事だと思います。

今って人工知能とかシステムの効率化とか、目に見えない小さな機械、ロボットたちが

人間のやりたくないことを代わりにやってくれるようになってるじゃないですか。

 

だからみんなと一緒のことしかできないものに価値がない、っていう扱いなんですね。

そうすると、自分らしさとか個性みたいなものの重要性が高くなるわけです。

 

で、アイドルって個性丸出しというか、自分のできること、できないこと全てさらけ出す、すごくデリケートというか複雑な職業だなと感じます。

 

本当すごいと思う!!めっちゃ尊敬してる!!

 

僕はアイドル大好きですし、世界で一番尊敬している職業なので自信持って活動していただきたいと思ってます。

 

自分のタグが「アイドル」だけになる人へ

 

このブログをアイドルの方が見てくださるなんて毛頭思っておりませんが

もし奇跡の巡り合わせがあれば、お伝えしたいなと思ってることを話します。

 

見出しに書いているんですが、「タグ」。これわかりますか…?

わかりにくい例えで申し訳ないです。

 

「タグ」とは、「高校生」とか「〇〇社の△」とかそういう肩書きとか

付随した情報のことですね、、、え、これ合ってるかな?(突如の不安)

 

でそれが全てはがれてしまって(それこそ付せんのように)アイドルだけが残ったとしましょう。

 

残念ながら僕は経験したことがないのでわかりませんが、ある程度近い感覚を想像することはできると思っています。

 

なにも持ってないことに絶望したり、つらくなることがあるんじゃないかなって

これからどうしていけばいいんだろう、自分なんかにファンがつくのだろうか?

 

そう思うこと、もしかしたらあるかもしれません(正確にはわかりませんよ?)

 

だとしたら

①まず今のファンの方に目を向けてみてください。

 

1人でも絶対いるはずです。1人でもいいんです。リプくれたりいいねしてくれたり。

 

1人いるだけで、まず凄くないですか??

家族とか友人以外にそんな人います?全くの赤の他人(今はファンかもしれないけど)から応援されるって、田舎の近所にいるおばあちゃん?みたいな。

もちろんあなたが目指しているところには遠く及ばないかもしれない、でもね

まず1人でもファンをつけられた自分自身を褒めてみてはいかがでしょうか?

 

その1人はあなたのできること、できないこと全て認めてくれてる人だと僕は思います。あなたという存在に感謝してる人です。

 

そして僕は、その人(ファン)はきっとアイドルであるあなたがどんな失敗をしても肯定してくれるでしょうし、何か上手くいくことがあれば褒めてくれるんです。

 

②ファンがアイドルに求めてること

 

僕はアイドルじゃなくて、ファンの気持ちはわかります、てか自分のことだしw

でファンの人がなにを求めてるか?って。正直言います。

 

何も求めてない

 

これ実は最近気づいたことですが、もしかしたら真理かもしれないって思います。

別に何も与えてくれなくてもいいんです。その子がいさえすればもういい。

そういうのがファン心理かなと思います。少なくとも僕はそうですね。

 

で強いて言えばですが、

 

あなたが自分らしくいること

 

それだけだと思います。何か得意なことがある必要はないです。

もちろん歌とかダンスとか得意なら、どんどんアピールすればいいと思います。

 

だから別に悩んだっていいし、気持ちが浮かないならファンの人に愚痴っちゃっていいですよ。たまにつらくなる時、誰でもあるんですから、そしてそれを受け入れてくれるのがファンなんです。

 

完璧なんて求めなくていいです、もちろんパーフェクトなアイドルに憧れた過去のあなたがいるかもしれない、けどあなたはあなたらしい華の咲き方があると思うんです。

 

(なんかクサイこと言ってしまった…恥ずかしい…)

 

10代ってめちゃくちゃ難しい時期です、僕もぎり10代、ラスト10代ですけど。

悩んでるのはあなただけじゃない、あなたも、あなたの友達も、あなたのファンも

色々悩んでる。

 

だからあえて悩んでる自分をさらけ出すことで、周りの人、ファンの人は勇気をもらえると思います。

 

「ああ、アイドルも悩んでるんだ、僕(私)は一人じゃない」

 

って勇気もらえるんですよ。

だからあなたは繕う必要はない、何かを演じる必要もない、何もない自分も自分自身だって。

 

社会で迷子になってる人たちを、納得できない日々を過ごしてる人に勇気を与えてください。いやそんなに高望みはしないです、アイドルになる必要はないんです、あなたらしくいればいい。

 

これが上手く伝わるかはわからないけれど、僕の伝えたいことです。

もし奇跡の巡り合わせで、1人でもアイドルであるあなたが読んでくれたなら

何か気づきを得てもらえたなら

 

僕はそれだけで生きてて良かったなと思えます。

そんな話、3月31日でした。

「いちごみるく」の衝動

大して日は経っていないのだけれども

あの時の僕がまさか、こうして「いちごみるく色に染まりたい。」のためにライブに行くとは想像もしなかっただろう。

 

当たり前か

 

未来のことは想像できない、だけど僕らは自分の進みたいように選ぶことができる。

これがどんなに恵まれたことかは直接実感することはないけど、そういうものなんだろうと思いながら、余韻に浸る

 

どうも、皆さんライブお疲れ様です(ファン含め)

 

▽前回の記事

http://konosetsuna.hateblo.jp/entry/miyu_ichgomk

 

3月28日 DDD@恵比寿CreAto

 

前置きが長くなりましたが、そんなこんなで行ってきたんです

このブログの題名の通り、"刹那の衝動"で行ってきましたよ

 

▽概要はこちら

https://leadi.jp/14533

 

お目当のいちごみるくちゃんは、トップバッターです

初にも関わらず図々しくも最前を張ってしまいました。。。

 

(ファンの方々申し訳ございません。。。) 

 

時間になると音楽が切り替わり、メンバーがステージに上がっていきます。

メンバーとの距離がものすごく近いです……!

 

ライブ 

 

1曲目は、赤坂で初いちごみるくを見たときに聞いたのと同じ曲でした。

曲名はわかりません、オリジナルかの区別もつかないけれど

たぶんオリジナル

 

なんてったって僕が興味を持つきっかけになった曲です

パッと思いつくのは、Perfume、あの感じに近い

(ちなみに好きな曲はDream Fighterです)

 

それからオリジナル曲(と思われる)と乙女新党さんのカバー曲が披露されました

乙女新党の曲は大好きなものが多いので、楽しみやすかったですね

 

オリジナル曲にもあえて言及すると、王道アイドル曲といった感じで

振り付けからコールの入れ感じも、好きでした

 

あの本当におこがましいんですが、物凄く良かったです僕あういう曲大好きです

なんて言うとミーハーかと怒られそうですが、許してください。

 

改めて言わせていただくと、曲は本当に好きです……!!!最高ですまた行きます!! 

 

セトリ(貧弱な記憶より)

(順番適当)

 

ミッドナイト :最初の曲、こういう系の曲好きです

ロリポップ(オリ):確かじゃんけんのフリが途中ある。僕は、みゆちゃんに負けました。

ももいろラブモーション

とりことりことりこ(新党):コミュ症発揮して指差せませんでしたが、次は指さします!!!

ときめき☆パラドックス(新党):どうでもいいんですけど、途中の「はぁ」という溜息がゆるくて好きです。

 こんな感じ。楽しいです。

 

物販・接触イベント

 

ライブアイドルといえば、物販がミソです(偉そう)

ということで待望の接触イベント参加してまいりました。

 

ちなみに料金設定は

 

ランダムチェキ(メンバーのソロチェキ):1K

いちごみるく色に染まりたい。Tシャツ:3K

❇︎1Kにつき特典券1枚(ラミネート加工されていて👍)

 

全員握手会:1枚

チェキ:1枚

サイン:1枚

 

体制が変わるということで、なんとメンバー集合チェキが特典券1枚

で撮影可能と……!!

 

ということで僕はランチェキ3枚手に入れて

全員握手会→集合チェキ→みゆちゃんサイン

でした。 

 

ランダムチェキでは、みゆちゃん(!)、そらみちゃん(サイン!)、さなちゃん(黒髪!)でした。引きが良いです。

 

全員握手会

やはり僕の名前がアレなこともあって、神対応でしたありがとうございました

やっぱり名前まで被るっていうのもツキの1つですかね……?

ファンの方からも(笑)いただきました、お母さんありがとう。

 

集合チェキ

いちごみるくポーズ(中指をたt…じゃなくて親指とつける)で撮影。

もう写りとかなんでもいいです、撮れただけで最高です

 

みゆちゃんサイン

他愛もない話ですが、めちゃくちゃ話してくれて嬉しかったです。

感想が雑ですが、言語化できない良さというのがあると思うんですよ(思考停止発言)

 

総合して、メンバーの皆さんの記憶力(?)とかリプライの記録を覚えていて脱帽でした、僕もこのくらい覚えられたら試験は完璧だったのかなあ。

 

ファンの方々とも交流させていただきましたが、温かい方ばかりで居心地が良かったです。

 

最後に

乱雑なイベント参戦レポでしたが、もう少し時間が経っても思い出せるように

書いてみました。(かっことか句読点多めで申し訳ない!)

アイドルって本当にすごいなといつも尊敬してます。

 

また染まりに行きます。 

 

P.S 

メンバーの皆さんと一括りにすると失礼だけれど、ライブで全員見てたのでわかります。1つ1つの仕草が楽しくて、可愛くて、魅力に溢れてました。

握手会もありがとうございます。細かい気配りとか諸々最高に染まってました(笑)

  

乙女新党 第二幕 〜旅立ちのうた〜 by 乙女新党 on Apple Music

❇︎ちょうど聴いてたので

「アイドル / 川崎実祐」という衝動

それは突如としてやってくる

3月8日、ひょんな事から見に行った赤坂BLITZのライブ

 

18ものアイドルグループがパフォーマンスを披露するフェスで

一際目を惹くグループを見つけた

 

いちごみるく色に染まりたい。

一見固有名詞と判断しにくい名前である

 

いちごみるく〜を応援してます」と表立って言うのには勇気を要しそうだ、

なんて想像を巡らしていた。

すると彼女はステージに立っていたのだ、川崎実祐17才である

 

「見つけてしまった」それが適切かもしれない

 

それは突如としてやってくる

僕は、今後その17才の少女に翻弄されていく様が容易に想像することができた

ただ川の流れに逆らうより、そのまま流れてしまう方が当然ながら易しい

 

彼女の何がそうさせるか

 

f:id:makesfun1170:20170323021912j:plain

(参照:TOKYO IDOL NET

 

まず「かわいい

肩に届くか届かないくらいの髪の長さが、またかわいい

 

TOKYO IDOL NETのカメラマンさんの才能もその内かもしれない

だが、どんな言葉をもってしてもかわいい以上に魅力を表すことができない

そんな非言語的な魅力をもっていると思う

 

ところで僕が彼女に魅力を感じるのは、また別である

f:id:makesfun1170:20170323022820j:plain

(参照:TOKYO IDOL NET) 

彼女の表情には、どこか「寂しさ」「悲しさ」があるように感じてしまうのだ

 

またその佇まいは、時間の流れのズレを感じさせる

なにか懐かしく、甘酸っぱいなにか、その正体はわからない

 

ただわかるのは、その感情は今の僕にとって心地よく、それでいて

感情のざわめきを呼び起こす、

そんな心の様相をうまく表している曲をここにのせておこうと思う 

https://youtu.be/BWqLQFksviI

 

それらは川崎実祐という人物に興味をもつ大きなきっかけになった

 

 

ツキの良さ 

 

3月21日、秋葉原の定番ライブハウスTwinBoxに僕はいた

 

僕は、そのざわざわした心をなだめるのに必死だったため

手っ取り早く会いに行ってしまおうと考えたからだ 

 

なんてったってハロプロライブ vol.10

https://leadi.jp/14398

 

ハロプロは決して詳しくない、知っていても

Juice=Juiceくらいのレベルだ

そんな中、1人の少女のために行くとは中々ドラマチックではある

 

イベント中は、とにかく視線の先にはみゆちゃん

そしてあっという間に、物販特典会の時間になってしまった

 

諸事情で特典会は逃してしまったが、帰り際にどんぴしゃり

無料ハイタッチ会の開催が急遽決定 

 

出口に足を通そうとする様子を悟られたのであろう

幸運にもツキの良さを発揮した(こう云う時こそ褒めてあげたい)

 

スタート

 

これは僕にとって、アイドル・川崎実祐との最初の接触だった

ハイタッチ時に向かい合うと、手を合わせた後僕の指の間に、指を入れ込んできた

 

すっかり僕は心を奪われてしまった、シンプルイズベスト

彼女のことを僕はまだよく知らない

 

だけれども彼女が魅力的で、人を惹きつけるのは間違いないと思う

そこで、僕は彼女の存在を誰かに伝えたい衝動に駆られた

 

そう云うわけで僕はこの記事を書いたのだ

 

後付けにはなるが、17才といえば一般的にアイドルの華と呼ばれる

アイドルと17才で、僕はこの曲を連想した

https://youtu.be/LMBo8dIXxQc

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ここまで、お読みいただきありがとうございます。

言語化したいことはたくさんあります

だけど、まず「川崎実祐」と云う存在を知ってもらいたいと

思いましたので書かせていただきました。

 

本人や長くのファンは、そうでないと感じる点も多々あるでしょう

それらは僕も時間を塗って、知っていきたいと思っています。

 

どうかこの記事が多くの人に届くことを祈って。